原油価格が上昇、背景にドル安、米産油削減

経済アナリストらは、原油価格はこの先、米国の産油量削減と投資家の高ぶる食指によって値上がりが進むとにらんでいる。

マッキンゼー予測、先進国証券市場の収益率減で生涯現役時代へ突入 - Sputnik 日本
マッキンゼー予測、先進国証券市場の収益率減で生涯現役時代へ突入
28日モスクワでは、現地時間13時11分、ブレント原油価格は0.11%高い1バレル46ドル98セントに、WTI原油は0.02%高の1バレル45ドル34セントを記録。

27日、ブレント、WTI原油価格は2015年11月以来、最高値を更新し、1バレルあたりそれぞれ47ドル、45ドルを越えた。活発な値動きにつながった要因は、米連邦準備制度が年0.25-0.5%レベルのベース金利のキープを決めたことを背景にドルが安値に転じたため。

このほか、石油市場は米の採掘量縮小を背景に値上がりを続けている。米エネルギー省の調べでは1週間の石油採掘量は0.16%または日量1万5千バレル縮小した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала