登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米空軍は深刻な危機を迎えている

フォローする
米空軍は、熟練した専門家と航空機用部品の両方の不足に直面している。フォックスニュースが独自報道で伝えた。

撮影班は超音速戦略爆撃機戦隊の基地を含むいくつかの軍事基地を訪問した。

その上で記者らは、米空軍は予算削減で危機を迎えている、との結論に達した。爆撃機B-1は20機中わずか9しか発進できず、米国内の全軍用機の平均年数は27年目となっている。

二十年以上空軍に務めた曹長ブルース・プフロマー氏は記者団にこう語った。「B-1での飛行を20年前に経験したが、これは数千時間も飛んだものだ。今は1万時間以上飛んでいるものもある。我々人員だけでない、航空機も疲れているのである」。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала