登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

地球物理学者ら、地球を酸素災害が襲う時期を変更

フォローする
米国、中国、南アフリカの地球物理学者らは過去に地球の大気を急激に酸素で飽和させた酸素災害の到来時期を1000万年あまり遅らせた。サイエンス・アドヴァンス誌に論文が掲載された。

太陽系 - Sputnik 日本
天文学が太陽系の準惑星で最大の名無し天体を偶然発見(動画)
23.3億年前、地球の大気中の酸素分子濃度が急激に上昇した。先にその時期はより遅く、約23.16億年前だと想定されていた。

南アフリカの古代の岩の研究から以上の結論となった。これにより地球の大気中の酸素濃度の上昇時期が分かる。酸素の大量発生で高分子など複雑な生命形態がこの星で発生するもととなった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала