登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国探査機、地球に小惑星の一部を持って帰る

© NASA米国探査機、地球に小惑星の一部を持って帰る
米国探査機、地球に小惑星の一部を持って帰る - Sputnik 日本
フォローする
米国は小惑星ベンヌから9月8日に土壌サンプルを持って地球に帰還するように設計された宇宙船オシリス・レックスを打ち上げる計画。NASAが報じた。

もうすぐ空に第2の太陽が出現? - Sputnik 日本
もうすぐ空に第2の太陽が出現?
NASAの計画によると、2018年に小惑星に到達し、少なくとも物質60グラムを小惑星の表面から取り、地球に戻る。帰還は 2023年の予定。

研究者の狙いは太陽系の起源および地球上の生命の起源の問題に光を当てること。ならびに、地球にとって潜在的に危険のある小惑星について詳細に研究することだ。

小規模の小惑星ベンヌは2013年に発見された。 NASAは、同惑星は22世紀の終わりに地球に衝突する危険が最も高いものとしている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала