沖縄県知事 オバマ大統領との面会を望む

© AFP 2022 / Toru Yamanaka沖縄県知事 オバマ大統領との面会を望む
沖縄県知事 オバマ大統領との面会を望む - Sputnik 日本
沖縄県の翁長知事は、嘉手納基地で軍属として働く男が日本人女性の遺体を遺棄した疑いで逮捕された事件を受け、G7サミットに合わせて日本を訪れるオバマ米大統領との面会を求めている。

女性を狙った米軍関係者の犯罪「再発防止」は聞き飽きた - Sputnik 日本
女性を狙った米軍関係者の犯罪「再発防止」は聞き飽きた
オバマ大統領は、5月26、27日両日に三重県で開かれる伊勢志摩サミット(G7)に出席するため日本を訪れる。これを前に、沖縄県で20歳の女性が遺体で発見された事件で、米軍属のシンザト・ケネス・フランクリン容疑者が女性の遺体を遺棄した疑いで逮捕された。

翁長知事は、「私は米軍基地の大半を預かる沖縄県知事として、県民の生命と財産、そして将来の子や孫の安心安全を守るために、ぜひともオバマ大統領に直接お話をさせていただきたい。安倍総理からその機会をつくってくれるよう心からお願いしたい」と語った。日本のマスコミが伝えた。

翁長知事は、安倍首相にオバマ大統領との面会を求めたという。

翁長知事は、米軍属の男が日本人女性の遺体を遺棄したとされる事件について、許せない犯罪だと憤りを示し、「再発防止や綱紀粛正という言葉を何百回も聞かされてきたが、現状は何も変わらない」と述べた。日本のマスコミが報じた。

沖縄 - Sputnik 日本
沖縄女性殺害事件・嘉手納基地前で抗議集会(動画:IWJ)
沖縄は日本の国土面積の約0.6パーセント占めるにすぎないが、日本にある米軍施設の74パーセントが沖縄に所在しており、米軍の半分以上が沖縄に集中している。沖縄県の発表によると、県内にいる米軍人は2万5800人。その家族の米国籍の市民1万9000人も沖縄で暮らしている。

安倍首相は、日本人女性・島袋里奈さん殺害の容疑で、米軍族のシンザト・ケネフ・フランクリンが拘束されたことに関連して、大きな怒りを明らかにした。

安倍首相は「非常に強い憤りを覚える。さぞ無念だったと思う。今後、徹底的な再発防止など厳正な対応を米国側に求めたい」と首相官邸で記者団に述べた。

米国市民で、沖縄の米軍基地の職員であるシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)は、島袋さんの遺体を遺棄した疑いで逮捕された。4月28日から行方不明になっていた島袋さんの遺体は、米人容疑者の供述どおり森の中で発見された。マスコミが警察の情報として伝えたところでは、取り調べの中で彼は、女性を絞殺したと自白している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала