ロシアは自らの安全保障上の関心からクリル諸島の軍事インフラを開発しているのであり、日本の脅威ではない

© Sputnik / Vladimir Fedorenko / フォトバンクに移行クリル諸島
クリル諸島 - Sputnik 日本
クリル岩礁マツア島の飛行場は純粋にロシアの国家安全保障上の利益のために修復されているのであり、この決定は、日本からの抗議を引き起こすようなものではない。ソ連軍元参謀総長ミハイル・モイセーエフ氏が1日述べた。

「日本は北海道に3つの部隊を配備しているが、1945年9月2日締結された条約では、それは禁止されている。しかし、彼らは配備しており、我々は文句を言わない。彼らはそれが彼らの国益のためだと言う。だからマツアの飛行場を我々は自らの国益のために修復する。これは私たちの土地であり、私たちの国である」とモイセーエフ氏。

また、モイセーエフ氏によれば、飛行場は、経済面での極東地域の発展のためにも必要である。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала