インド諜報機関 「ダーイシュ(IS)」のデザイナーを起訴

© AFP 2022 / Tauseef MUSTAFAインド諜報機関 「ダーイシュ(IS)」のデザイナーを起訴
インド諜報機関 「ダーイシュ(IS)」のデザイナーを起訴 - Sputnik 日本
インド国家諜報機関(NIA)は、テログループ「ダーイシュ(IS,イスラム国)」のために旗やロゴを作成していたデザイナー、モハムマド・ナセル容疑者を起訴した。新聞「Times of India」が報じた。

報道によれば、デザイナーを訴え出たのは、彼の実の父親だとのことだ。

伝えられるところでは、昨年2月、ナセル容疑者は「ダーイシュ」のためにロゴを作成し始め、インドの大学を卒業後、アラブ首長国連邦のドバイで働いていた。その後、昨年9月にスーダンに行き、そこからシリア入りを計画していたという。スーダンから彼は、自分の父に手紙を書き、その中で自分が「ダーイシュ」に入ったことを認めている。そのあと彼の身柄は、昨年12月にインドに引き渡された。

ナセル容疑者起訴の証拠の中には、息子から父に送られた電子メールやWhatsAppも含まれている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала