専門家:欧州の未来は現在の難民

© Sputnik / Vladimir Fedorenko国家院議員アレクセイ・プシコフ
国家院議員アレクセイ・プシコフ - Sputnik 日本
ロシア下院(国家会議)国際問題委員会のアレクセイ・プシコフ委員長は、EUに到着した難民の数と、今後到着する人の数を計算して、欧州の未来について語った。

プシコフ委員長ツイッターに、「2015年、EUは45万人の難民を受け入れ、2016年には87万6000人を難民として認定した。認められた各人のもとに4-8人の家族が訪れる。これが欧州の未来だ」と書き込んだ。

5月23日、欧州委員会のユンケル委員長は、EUの難民受け入れ能力には限界があり、EU加盟国は大勢の難民を受け入れられる状態にはないと発表した。

EUは、第二次世界大戦以来最大の難民危機に直面していることを認めている。ユンケル委員長は1月、シェンゲン圏は難民危機を受けて存続の危機にさらされていると発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала