沖縄県議選 米軍基地反対派が勝利

© East News / Kyodo/FOTOLINK沖縄県の翁長知事
沖縄県の翁長知事 - Sputnik 日本
任期満了に伴う沖縄県議会議員選挙は5日、投開票され、名護市辺野古の新基地建設の反対派が過半数を占めた。共同通信が伝えた。

キャロライン・ケネディ駐日米国大使 - Sputnik 日本
米国大使、米兵が参加した沖縄での「酒に酔った」交通事故につき謝罪
改選前の議席数は、議長を除いて辺野古反対派が23議席、野党系が22議席、欠員2だった。共同通信は、今回与党が27議席を獲得したことを受け、「与党が過半数を得たことは有権者が翁長県政に信任を与えた格好になる」と報じた。

また共同通信は、「当選者48人のうち辺野古に反対するのは31人で6割以上を占め、普天間問題の行方に影響を与えそうだ」と伝えた。

翁長知事は記者団に「大勝利だ」と述べ、基地建設を止めさせるための努力を続けてくと語った。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала