終末論的な美しさ:荒廃とカオスの美学

ある写真家が世界中の魅惑的な廃虚を旅した。この写真家は、人工的につくられた場所を支配する自然の精神を捉えようとした。 同写真家の作品では、荒廃のカオスの中に美と独特の雰囲気が存在している。それでは、この地球上で人間は「通行人」にすぎないことを見事に表現している作品をご覧いただこう。
1/16
浸水した家
© 写真 : Romain Veillonもう誰も演奏しないピアノ
もう誰も演奏しないピアノ - Sputnik 日本
2/16
もう誰も演奏しないピアノ
3/16
ブズルジャ
4/16
廃屋
© 写真 : Romain Veillon自然に占領されたオフィス
自然に占領されたオフィス - Sputnik 日本
5/16
自然に占領されたオフィス
© 写真 : Romain Veillon廃虚となった研究室
廃虚となった研究室 - Sputnik 日本
6/16
廃虚となった研究室
© 写真 : Romain Veillonもう動かない列車
もう動かない列車 - Sputnik 日本
7/16
もう動かない列車
© 写真 : Romain Veillon自然の豪華さ
自然の豪華さ - Sputnik 日本
8/16
自然の豪華さ
© 写真 : Romain Veillon廃虚となった部屋
廃虚となった部屋 - Sputnik 日本
9/16
廃虚となった部屋
© 写真 : Romain Veillon破壊された建物
破壊された建物 - Sputnik 日本
10/16
破壊された建物
© 写真 : Romain Veillonもう航行できない船
もう航行できない船 - Sputnik 日本
11/16
もう航行できない船
12/16
時の砂
13/16
アトリエ
© 写真 : Romain Veillonヴィラ・エペクエン
ヴィラ・エペクエン - Sputnik 日本
14/16
ヴィラ・エペクエン
© 写真 : Romain Veillon廃虚となったホール
廃虚となったホール - Sputnik 日本
15/16
廃虚となったホール
16/16
廃虚の橋
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала