米国務長官「ラッカが解放されれば歓迎するが、大歓迎というわけではない」

© AFP 2022 / Militant Website, Fileラッカで活動していたテログループ「ダーイシュ(IS,イスラム国)
ラッカで活動していたテログループ「ダーイシュ(IS,イスラム国) - Sputnik 日本
米国務省のトナー報道官は、もしシリア軍がテログループ「ダーイシュ(IS,イスラム国)」が自分達の首都とみなすラッカを解放しても、熱狂的に歓迎するというわけではないと述べた。

「ダーイシュ(IS)」セックスを拒否した19人のクルド人ヤジド派の女性を焼殺 - Sputnik 日本
「ダーイシュ(IS)」セックスを拒否した19人のクルド人ヤジド派の女性を焼殺
マーク・トナー報道官は、定例ブリーフィングで、次のように発言した —

「私は,ラッカ解放に向けた戦いがどのように進んでいるか、完全な情報を持っていない。もしシリア政府軍が、町を解放したとすれば、我々もそれをパルミラの解放同様、評価するだろう。それは確かにISのテロリストが存在するよりはましだが、大歓迎というわけにはいかない。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала