欧米で対ロシア制裁について意見が分かれる

© AP Photo / Anadolu AgencyФотографирование флагов ЕС и Франции с траурными лентами на саммите G20 в Турции
Фотографирование флагов ЕС и Франции с траурными лентами на саммите G20 в Турции - Sputnik 日本
世論調査「スプートニク・オピニオン」によると、欧州の住民の47パーセントが、2016年6月に対ロシア制裁を解除することを支持していることが分かった。世論調査は、調査会社Ifopと英国の調査会社Populusが「スプートニク」の依頼で実施した。

EU - Sputnik 日本
世論調査:欧州人はEUの対ロ政策に賛成していない
イタリアでは住民の51パーセント、ドイツでは48パーセント、フランスでは43パーセントが、今年6月に対ロシア制裁を解除することを支持している。
なお米国で対ロシア制裁の解除を支持した住民は、わずか29パーセントだった。

世論調査の結果、対ロシア制裁の延長を誰よりも望んでいるのは米国の住民であることが分かった。「対ロシア制裁を2016年6月に解除する必要があるか、それとも延長する必要があるか?」との質問に、米国の住民42パーセントが、「延長する必要がある」と答えた。

なおドイツでは31パーセント、フランスでは29パーセント、イタリアでは27パーセントが「延長」を支持した。

また「分からない」と答えたのは、ドイツの住民21パーセント、イタリア22パーセント、フランス28パーセント、米国29パーセントだった。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала