ロシアで「小惑星の脅威」から守るための初の望遠鏡始動へ

ロシアで、「小惑星の脅威」から守るための高速スカイ・サーベイ用の初の望遠鏡のテストが始まった。

隕石 - Sputnik 日本
NASA 小惑星を宇宙船に変える
プロジェクトの責任者は、露紙「イズヴェスチヤ」に「この望遠鏡は、30秒で1.5億キロの距離にある50メートルの大きさの小惑星の情報を得ることができる。この距離では、ツングースカ隕石に匹敵する規模の物体を見つけることが可能だ」と語った。

ロシアは2016-2025年に地球周辺軌道における危険な状況について自動的に警告するシステムを構築する計画。同システムは、地球を脅かす天体を事前に発見するだけでなく、その落下シナリオをシミュレートし、「小惑星の脅威」から保護する手段を提案する。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала