政府はロシアをオフショアに様変わりさせる可能性がある

ロシアのトルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表は、ウラジオストク自由港監査役会の会合を総括し、ロシアに「オフショア・ゾーン」の創設を許可した。

ボストーチヌイ港 - Sputnik 日本
ロシア、極東ビジネスへ日本を上手に手招き
トルトネフ氏は、次のように語った-

「オフショア領域の実践は、世界中に存在している。もし他の国々が、税制上の優遇措置を提供する方法で税ポテンシャルを移すことが可能だと考えているならば、ロシアでも同じことに取り組むことが可能だ。」

なおトルロネフ氏は、極東にある自由港と先行発展領域(TOR)は、オフショアではないと指摘した。

メドヴェージェフ首相は2013年、ロシアにオフショア・ゾーンを創設する案を発表した。メドヴェージェフ首相は、「極東になんらかの(特別)ゾーンを創設することが可能だ。我々には、サハリンやクリルなど、よい場所がたくさんある」と述べ、これが他のオフショア市場からロシアの資金が戻ってくる助けとなる可能性があると指摘した。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала