オバマ氏の演説について日本被団協「空から死が降ってきたのではなく、もたらされた」

© AFP 2022 / Yoshikazu Tsuno田中熙巳事務局長
田中熙巳事務局長 - Sputnik 日本
先日広島で行われた演説中に、アメリカのバラク・オバマ大統領が、アメリカの「責任を回避」しようとしたことに、「日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)」は怒りを覚えていると、共同通信は伝えた。

広島 - Sputnik 日本
ロシア 原爆投下後、広島・長崎でソ連代表団が撮影した映画フィルムを日本に譲渡
アメリカの現職大統領として広島市を訪れた、初めての大統領であるオバマ大統領は、演説をこの言葉から切り出した。

「71年前、雲のない晴れた朝、空から死が降ってきて、世界は変わった」

「あたかも自然現象のようだ」が、原爆投下機が「死をつくったのだ」と、田中熙巳事務局長(84)はこの表現を非難したと、共同通信が伝えた。また、木曜日に採択された日本被団協の2日間にわたる総会のこのような決議案を報じた。

「投下に対する謝罪の証しとしても、核兵器廃絶への責任と行動を一層深く求める」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала