ユーロウィングスのパイロット、なぜ90人「忘れた」か説明

© Flickr / Kevin HackertEurowings
Eurowings - Sputnik 日本
ドイツの航空会社ユーロウィングスの、デュッセルドルフ発飛行機のパイロットが、深夜の飛行禁止時間が始まる前に機体を離陸させようと急ぎ、90人の乗客を搭乗させ「忘れた」と、会社が伝えた。

ユーロウィングスの飛行機は、地上に数十人の乗客を乗せたまま、デュッセルドルフ空港を離れ、ドレスデン空港へ飛び立った。乗客は2つのバスに分けられて、搭乗のため飛行機まで送られたが、最初のバスに乗った40名は首尾よく飛行機に搭乗した。

新聞によると。飛行機の離陸は2時間遅れていたとのこと。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала