ロシア記憶と哀悼の日:「朝の4時、宣戦布告なしに...」(動画)

© AFP 2022 / Vasily Maximovロシア記憶と哀悼の日:「朝の4時、宣戦布告なき・・・」
ロシア記憶と哀悼の日:「朝の4時、宣戦布告なき・・・」 - Sputnik 日本
今日ロシアでは、大祖国戦争の始まりに捧げられた「記憶と哀悼の日」を迎えている。

これに関連してロシア国内では、数々の追悼行事が行われている。例えば、昨日夕方遅くに催された追悼行動「記憶の戦列」の参加者らは、モスクワ川沿いのクリミア河岸に1418本のロウソクを立てた。この数は、当時のソ連が、ファシスト占領軍と戦った日数に相当する。

1941年6月22日の朝4時、ドイツ軍は宣戦布告なしに、ソ連領内に大規模な侵攻を開始した。作戦には、191師団が参加、軍人の総数は730万に達した。

ソ連指導部は、この段階で、攻撃してきた敵の力も分からず、ソ連軍は反撃に向け全く準備ができていなかった。そのため1136機の航空機を失った他、最初の数か月でソ連側が被った人的技術的損失は、敵の⒑倍から20倍にもなった。

勝利までの道のりは長く、1418日かかった。その間、ソ連では2800万もの多くの人々が命を落とした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала