日本のミシュラン「1つ星」店で食中毒

ミシュランガイド「1つ星」の会席料理店で14人が食中毒の症状を訴え、店は一時的に営業禁止となった。現在、調査が行われている。AP通信が22日、伝えた。

食中毒が発生したのは、鎌倉市の会席料理店「北鎌倉茶寮 幻董庵」。神奈川県によると、「幻董庵」のイカ、ウニ、ウナギなどの料理を食べた後、男性6人と女性8人が腹痛や下痢の症状を訴えた。

「幻董庵」は6月14日に営業を停止した。現在、食中毒の原因について調査が行われている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала