ロシアでのテレポーテーション実現化について、担当者が答える

© Fotolia / Koufax73テレポテーション・カプセル
テレポテーション・カプセル - Sputnik 日本
「国家技術イニシアチブ』プログラムの中では、2035年までの物理的テレポーテーション(瞬間移動)の実現化は示されていない。戦略イニシアチブ機関の関係者は、スプートニクの取材に対し、このように述べた。

30SecMilkテクノロジーの開発者アンドレイ・クティニコフ氏 - Sputnik 日本
「スプートニク」が紹介する才能豊かなロシア人の発明品 第2弾
22日、ロシアの複数のマスコミは、2035年までにロシアには、独自のプログラミング言語が現れ、新しいタイプの通信オペレーターが出現し、テレポーテーションも可能になると報じた。

戦略イニシアチブ機関の担当者らは、これについて、次のように答えた-

「そうした行動プランは何もなかった。我々が述べたのは、量子テレポーテーションである。これは、物理的な瞬間移動を意味するものではない。我々は、防御システムを超えて侵入できない保護された情報のことを言っている。」

そうした防御の仕方については、保安機関や銀行などが、きわめて大きな関心を示している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала