米国で未成年者に対するハラスメントで飛行機が緊急着陸

© Sputnik / Alexandr Kryazhev米国で未成年者に対するハラスメントで飛行機が緊急着陸
米国で未成年者に対するハラスメントで飛行機が緊急着陸 - Sputnik 日本
米国で、旅客機に乗っていた男が眠っていた未成年の少女に嫌がらせ(ハラスメント)をしたため、旅客機が緊急着陸した。

アラスカ・ディスパッチ・ニュースによると、事件が起こったのはアラスカ航空のポートランド(オレゴン州)発アンカレッジ行きの飛行機の機内。自制心がない乗客により、飛行機はシアトル・タコマ空港に着陸することとなった。

飛行中にカリフォルニア在住のジェス・サラス(23)容疑者が、隣に座っていた16歳の少女をつかんでキスしようとした。容疑者は少女の唇にキスをした。

隣に座っていた別の乗客が客室乗務員に助けを求め、客室乗務員は容疑者と少女を別々に座らせた。飛行機がシアトルの空港に着陸し、サラス容疑者は機外へ連れ出された。空港ではすでに警察が待機していた。

警察によると、容疑者は酔っぱらっていた。容疑者は逮捕され、セクハラの容疑で拘留所へ送られた。なお少女は不快な出来事のあと、自分の旅を続けたという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала