第38回モスクワ国際映画祭、出品作品

モスクワ国際映画祭はソ連時代に始まり、ロシアへと脈々と引き継がれている。6月末に10日間にわたって行なわれ、国際映画祭としてはヴェネツィアのそれに続いて歴史がある。
© 写真 : Regner Grasten Film米国のパク・グラステン監督の実際の事件に基づいた映画「37」。1964年3月13日夜半、ブルックリンである若い女性が自宅近くで強姦された上に殺された。残酷な犯罪の目撃者は37人もいたにもかかわらず、誰一人として殺人を止めようとも、警察へ通報しようと模しなかった。映画はこの目撃者らの生活のいくつかのエピソードを中心に展開されている。
米国のパク・グラステン監督の実際の事件に基づいた映画「37」。 - Sputnik 日本
1/13
米国のパク・グラステン監督の実際の事件に基づいた映画「37」。1964年3月13日夜半、ブルックリンである若い女性が自宅近くで強姦された上に殺された。残酷な犯罪の目撃者は37人もいたにもかかわらず、誰一人として殺人を止めようとも、警察へ通報しようと模しなかった。映画はこの目撃者らの生活のいくつかのエピソードを中心に展開されている。
© 写真 : Kinossaurus Filmesブラジルのルイ・ゲーハ監督の映画「忘却の記憶(クワゼ・メモーリア)」。記憶が途切れがちな老人が若い時の自分に出会う。若いカルロスと老いたカルロスは不思議な小包を受け取る。どう考えてもその送り主は何年も前に死んだはずの父親だった。
ブラジルのルイ・ゲーハ監督の映画「忘却の記憶(クワゼ・メモーリア)」。 - Sputnik 日本
2/13
ブラジルのルイ・ゲーハ監督の映画「忘却の記憶(クワゼ・メモーリア)」。記憶が途切れがちな老人が若い時の自分に出会う。若いカルロスと老いたカルロスは不思議な小包を受け取る。どう考えてもその送り主は何年も前に死んだはずの父親だった。
© 写真 : Zillion Filmsセルビア&クロアチアのミロシュ・ラドヴィチ監督の悲喜劇「機関士の日記」
 統計によれば機関士は全勤務期間を通し、平均で15件から20件の轢死事件に図らずも遭遇する。映画はこうした無実の殺人者について。60歳の機関士イリヤは年金生活に入る一歩手前。イリヤには全勤務期間で28件もの轢死事件に遭遇した悲しい記録がある。イリヤの19歳の養子シーマも父の後を継いで機関士になろうとしている。だが図らずも人を殺すかもしれないということがシーマを慄かせる。日は過ぎ、不幸な事件は起こらない。父は息子が本当の意味で機関士にはなれないのではないかと危惧し、あることに着手する。
セルビア&クロアチアのミロシュ・ラドヴィチ監督の悲喜劇「機関士の日記」 - Sputnik 日本
3/13
セルビア&クロアチアのミロシュ・ラドヴィチ監督の悲喜劇「機関士の日記」
 統計によれば機関士は全勤務期間を通し、平均で15件から20件の轢死事件に図らずも遭遇する。映画はこうした無実の殺人者について。60歳の機関士イリヤは年金生活に入る一歩手前。イリヤには全勤務期間で28件もの轢死事件に遭遇した悲しい記録がある。イリヤの19歳の養子シーマも父の後を継いで機関士になろうとしている。だが図らずも人を殺すかもしれないということがシーマを慄かせる。日は過ぎ、不幸な事件は起こらない。父は息子が本当の意味で機関士にはなれないのではないかと危惧し、あることに着手する。
© 写真 : WFDIF, AGORA SA ポーランドのヤヌーシ・マエフスキー監督の「奇人たち」。1950年代の初め、亡命軍人のファビアンが英国からポーランドへと帰国の途にある。ジャズ演奏家でトロンボーンを演奏し、見事なダンサーであるファビアンは地元の奇人らとスウィンググループを結成。その初舞台は嵐のような成功を収める。しばらくしてファビアンは謎めいた女性モデスタと知り合い、恋におちる。自由を謳歌し、才能豊かなふたりは戦後の暗いポーランドの日常で目立つ存在となる。ところがある日、モデスタが突如、姿を消す。
ポーランドのヤヌーシ・マエフスキー監督の「奇人たち」。 - Sputnik 日本
4/13
ポーランドのヤヌーシ・マエフスキー監督の「奇人たち」。1950年代の初め、亡命軍人のファビアンが英国からポーランドへと帰国の途にある。ジャズ演奏家でトロンボーンを演奏し、見事なダンサーであるファビアンは地元の奇人らとスウィンググループを結成。その初舞台は嵐のような成功を収める。しばらくしてファビアンは謎めいた女性モデスタと知り合い、恋におちる。自由を謳歌し、才能豊かなふたりは戦後の暗いポーランドの日常で目立つ存在となる。ところがある日、モデスタが突如、姿を消す。
© 写真 : Cinema One Originalsフィリピンのラルストン・ジョヴェル監督の「むつき」。フィリピンでは家族もなく、プロの物乞い、盗みで命をつなぐ子どもたちを「バタン・ハモグ(露の子ら)」と呼ぶ。映画は4人の子どもの人生を映し出している。1人は盗みに失敗した後、姿を消し、もうひとりは車に轢死。のこりの2人は生き残りをかけて、あらゆることに着手する。
フィリピンのラルストン・ジョヴェル監督の「むつき」。 - Sputnik 日本
5/13
フィリピンのラルストン・ジョヴェル監督の「むつき」。フィリピンでは家族もなく、プロの物乞い、盗みで命をつなぐ子どもたちを「バタン・ハモグ(露の子ら)」と呼ぶ。映画は4人の子どもの人生を映し出している。1人は盗みに失敗した後、姿を消し、もうひとりは車に轢死。のこりの2人は生き残りをかけて、あらゆることに着手する。
© 写真 : INDIESTORY韓国のキム・ジョングァン監督のコメディ映画「最悪の女」。女優のウィヒは実際の生活と演技の境界線がはっきりしていない。あるとき彼女は一度に3人の男性にデートを申し込み、それぞれのために新たな像を考え出す。
韓国のキム・ジョングァン監督のコメディ映画「最悪の女」。 - Sputnik 日本
6/13
韓国のキム・ジョングァン監督のコメディ映画「最悪の女」。女優のウィヒは実際の生活と演技の境界線がはっきりしていない。あるとき彼女は一度に3人の男性にデートを申し込み、それぞれのために新たな像を考え出す。
© 写真 : Envie De Tempête Productionsフランスのセバスチャン・ベベデール監督のコメディ映画「マリーと不成功な人たち」。マリーは魅力的だが全く自分に自信がもてない。メランコリーな作家アントゥアンと別れた後、無職のジャーナリスト、シメオンと知り合う。アントゥアンにもシメオンにもとらえ難いマリーはしつこい考えに変わってしまう。パリとブレタニ島の間をさまよう失望した人たちのストーリーであり、いかに文章を書くかを描いた話。
フランスのセバスチャン・ベベデール監督のコメディ映画「マリーと遭難者」 - Sputnik 日本
7/13
フランスのセバスチャン・ベベデール監督のコメディ映画「マリーと不成功な人たち」。マリーは魅力的だが全く自分に自信がもてない。メランコリーな作家アントゥアンと別れた後、無職のジャーナリスト、シメオンと知り合う。アントゥアンにもシメオンにもとらえ難いマリーはしつこい考えに変わってしまう。パリとブレタニ島の間をさまよう失望した人たちのストーリーであり、いかに文章を書くかを描いた話。
© 写真 : Arvand Free Zone Organizationイランのレザ・ミルカリミ監督の「娘」。セタレフは慣習を守る家族の娘。ある日彼女は家長の父親に向かって、妹の婚約の祝いには出ず、永遠に祖国には帰らない女友達を見送りにテヘランへ行くと宣言し、因習を崩壊させる。
イランのレザ・ミルカリミ監督の「娘」。セタレフは慣習を守る家族の娘。 - Sputnik 日本
8/13
イランのレザ・ミルカリミ監督の「娘」。セタレフは慣習を守る家族の娘。ある日彼女は家長の父親に向かって、妹の婚約の祝いには出ず、永遠に祖国には帰らない女友達を見送りにテヘランへ行くと宣言し、因習を崩壊させる。
© 写真 : Sputnik Films看護婦として勤務するクラウディアは緊張状態で働き続け、感情をコントロールすることに慣れていた。彼女を見る限り、実際は深い欝に悩まされ、従姉妹の自殺を乗り越えられずに苦しんでいることはわからない。そんな彼女の元にある日、昔の知り合いが現れ、助けを求める。
コスタリカのアリエル・エスカランテ監督の映画「物の声」。 - Sputnik 日本
9/13
看護婦として勤務するクラウディアは緊張状態で働き続け、感情をコントロールすることに慣れていた。彼女を見る限り、実際は深い欝に悩まされ、従姉妹の自殺を乗り越えられずに苦しんでいることはわからない。そんな彼女の元にある日、昔の知り合いが現れ、助けを求める。
© 写真 : Эталон-фильмロシアのニコライ・ドスタリ監督の「修道士と悪魔」。男子修道院にやってきた修道士イヴァン・セミョーノヴィチ・シャポシニコフ。新修道士とともに実は暗黒の力も修道院に入り込んで。た。イヴァンには悪の力は時に、レギオンという人物の形をとって現れる。レギオンはイヴァンを悪魔の業の対称として選び、神に仕える道を断たせようと誘惑する。だが誘惑の力が増すほど、イヴァンの精神力は高まっていく。
ロシアのニコライ・ドスタリ監督の「修道士と悪魔」。 - Sputnik 日本
10/13
ロシアのニコライ・ドスタリ監督の「修道士と悪魔」。男子修道院にやってきた修道士イヴァン・セミョーノヴィチ・シャポシニコフ。新修道士とともに実は暗黒の力も修道院に入り込んで。た。イヴァンには悪の力は時に、レギオンという人物の形をとって現れる。レギオンはイヴァンを悪魔の業の対称として選び、神に仕える道を断たせようと誘惑する。だが誘惑の力が増すほど、イヴァンの精神力は高まっていく。
© 写真 : Neue Schönhauser Filmproduktion, Prisma Film, MOJO:PICTURESドイツ&オーストリアのヤコプM.エルヴァ監督のティーンドラマ「わが世界の中心」。夏の休暇を終え、フィルが自宅に戻ると、母と姉が互いに口をきかなくなっていた。家族のいさかいにかかわりたくないフィルは新学期開始までの数日、一番の女友達とアイスクリームを食べ、ふざけあいながらただただ街をうろつく。
ドイツ&オーストリアのヤコプM.エルヴァ監督のティーンドラマ「わが世界の中心」。 - Sputnik 日本
11/13
ドイツ&オーストリアのヤコプM.エルヴァ監督のティーンドラマ「わが世界の中心」。夏の休暇を終え、フィルが自宅に戻ると、母と姉が互いに口をきかなくなっていた。家族のいさかいにかかわりたくないフィルは新学期開始までの数日、一番の女友達とアイスクリームを食べ、ふざけあいながらただただ街をうろつく。
© 写真 : Propaganda Italia, To Be Continuedイタリアのダヴィド・グリエコ監督の犯罪映画「陰謀」。1975年、伝説のピエル・パオロ・パゾリーニ監督は最もスキャンダルを呼んだ映画「ソドムの市」のモンタージュに取り組みつつ、石油会社の社長の遂げた謎の死の新たな事実についての本を書き終えようとしていた。その夏、パゾリーニはローマの工業地区に住む若者のピノ・ペロジとよく会っていた。そんなある日、映画制作所から映画のフィルムが消える。パゾリーニはこの窃盗事件の背後にいる人物に心当たりがあった。11月1日から2日にかけての深夜、パゾリーニは窃盗者からフィルムを買いあげにいき、死の罠にかかってしまう。
イタリアのダヴィド・グリエコ監督の犯罪映画「陰謀」。 - Sputnik 日本
12/13
イタリアのダヴィド・グリエコ監督の犯罪映画「陰謀」。1975年、伝説のピエル・パオロ・パゾリーニ監督は最もスキャンダルを呼んだ映画「ソドムの市」のモンタージュに取り組みつつ、石油会社の社長の遂げた謎の死の新たな事実についての本を書き終えようとしていた。その夏、パゾリーニはローマの工業地区に住む若者のピノ・ペロジとよく会っていた。そんなある日、映画制作所から映画のフィルムが消える。パゾリーニはこの窃盗事件の背後にいる人物に心当たりがあった。11月1日から2日にかけての深夜、パゾリーニは窃盗者からフィルムを買いあげにいき、死の罠にかかってしまう。
© 写真 : Menclips セルゲイ・ソロヴィヨフ監督の新しいメロドラマ「運動靴」。
ベルリンの壁の崩壊後、機密文書が公開され、作曲家エドワルド・カザシャンは熱愛する妻で有名な歌手のリヤ・イヴァノヴァが特務機関への情報提供者だったことを知る。記録文書と自分の記憶を比べながら、エドワルドは妻の人生で自分に属していた部分を知ろうとする。
セルゲイ・ソロヴィヨフ監督の新しいメロドラマ「運動靴」 - Sputnik 日本
13/13
セルゲイ・ソロヴィヨフ監督の新しいメロドラマ「運動靴」。
ベルリンの壁の崩壊後、機密文書が公開され、作曲家エドワルド・カザシャンは熱愛する妻で有名な歌手のリヤ・イヴァノヴァが特務機関への情報提供者だったことを知る。記録文書と自分の記憶を比べながら、エドワルドは妻の人生で自分に属していた部分を知ろうとする。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала