ディズニープリンセスは思われてるほど子どもにとって安全でない

© Stefan Schubertディズニープリンセスは思われてるほど子どもにとって安全でない
ディズニープリンセスは思われてるほど子どもにとって安全でない - Sputnik 日本
「ディズニー」アニメ映画のお姫様にに夢中になっている少女の行動には、子供の成長を害する可能性のあるステレオタイプが形成されている。

お姫様に関するディズニー映画を多く観た少女には、より女性ジェンダーステレオタイプ的な行動が形成されていると、アメリカのブリガムヤング大学の学者グループは明らかにした。

学者はこれを子どもにとって有害だと考えている。専門家の意見によると、少女たちが女性的とみなさない行動から十分に経験を得なければ、ジェンダーステレオタイプは問題になる可能性がある。

しかし心理学者によるとより危険なのは、少女らが数学と自然科学を女性にとって興味深い知識とみなさずに、それらの学習に対して興味を示さなかったことだ。

心理学者たちは、アニメやゲームを他の勉強と組み合わせ、子どもが調和のとれた発達をするように両親が保障することに出口はあるとみている。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала