前駐ロ米大使 英国での国民投票の結果をプーチンの勝利と呼ぶ

© Sputnik / Alexei Filippov / フォトバンクに移行前駐ロシア米大使のマイケル・マックフォール氏
前駐ロシア米大使のマイケル・マックフォール氏 - Sputnik 日本
米国の前駐ロシア大使、マイケル・マクフォール氏は、自身のTwitter の中に、EU離脱(Brexit)支持派の勝利が確実となった英国での国民投票の結果について「これはロシアのプーチン大統領の勝利である」と書き込んだ。

マクフォール前駐ロ大使は、次のように書いている-

「今日これは、プーチン氏の外交目的にとって巨大な勝利である。彼を正当に評価すべきだ。

EU離脱支持派の勝利は、プーチン大統領の個人的功績ではないが、欧州における彼の長期的目的に無条件で奉仕するものである。」

​先に伝えられたところでは、6月16日、プーチン大統領は「英国のEU離脱問題をロシアと結びつけるべきではない」とし、次のように指摘した-

「ハリー・ポッター」シリーズの作者J.K.ローリング氏 - Sputnik 日本
「ハリー・ポッター」シリーズの作者J.K.ローリング氏 ツイッターで「国民投票の結果を受け英国と離別」と伝える
「そもそも私には、ロシアをどんな問題にも、強引に結び付ける事、我々には何の関係もないような問題にさえ結び付け、ロシアを何か恐ろしいものにしたてる事を、あまり適当なことのようには思われない。知性のある人々なら、そんな行動はとらない。」

その際、ペスコフ大統領報道官は「全体としてもまた加盟国各々についても、EU諸国との互恵的な善きパートナー関係拡大に、ロシア政府は関心を抱いている」とのプーチン大統領の言葉に注意を促した。

マクフォール氏は、2012年から2,014年まで米国の駐ロシア大使を務めた。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала