ロシア下院国際問題委員長「英国のEU離脱は政治的激震」

© Sputnik / Alexei Filippov / フォトバンクに移行Brexit
Brexit - Sputnik 日本
「英国のEU離脱の是非を問う国民投票の結果は、欧州にとってセンセーショナルなものであり、政治的激震である」―ロシア議会下院・国家会議国際問題委員会のアレクセイ・プシコフ委員長は、テレビ「ロシア24」に出演した中で、このように特徴づけた。

Britain's Prime Minister David Cameron speaks after Britain voted to leave the European Union, outside Number 10 Downing Street as his wife Samantha looks on in London, Britain June 24, 2016. - Sputnik 日本
キャメロン首相、辞任へ
木曜日、英国ではEUからの離脱の是非を問う国民投票が実施され、最終結果では、賛成51,9%で離脱(Brexit)支持派が勝利した。

またプシコフ委員長は「もちろん賛否の差3,5%、ほぼ4%という数字は、言うまでもなく、センセーショナルなものだ。これは、欧州にとって政治的激震であり、今後その影響は長く続くだろう」と指摘した。

24日、英国のEUからの離脱支持派が、国民投票で勝利した。有権者1670万票の障壁を突破した。

賛成、反対の票差は、きわめて小さかった。公式データでは、EUからの離脱に賛成したのは、51,9%だった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала