ペンタゴン、空母に対するロシア船の行動を説明

© Sputnik / Igor ZaremboТактические учения сторожевого корабля Балфлота "Ярослав Мудрый"
Тактические учения сторожевого корабля Балфлота Ярослав Мудрый - Sputnik 日本
米国駆逐艦「グレイヴリー」の危険な距離に接近したロシアの巡視船「ヤロスラフ賢公」は空母「ハリー・トルーマン」に干渉しようとしていた。米国防総省内の情報としてディフェンス・ニュースが報じた。

ロシア海軍の巡視船は1時間以上にわたり空母と並走していた駆逐艦から危険な距離でその行動を邪魔していた。「グレイヴリー」のアリス・アンブローズ艦長によれば、ロシア船の狙いは空母「トルーマン」の妨害であり、駆逐艦は巡視船と空母の間に入る動きをとった。

ペンタゴン:ロシアは60時間でバルト諸国を占領する - Sputnik 日本
ペンタゴン:ロシアは60時間でバルト諸国を占領する
29日、国防総省は、ロシアの軍艦が17日に駆逐艦「グレイヴリー」から290メートルの位置を通り、2隻の米海軍船の近くで「安全でなく、素人じみた」動きをとった、と発表した。

ロシア国防省は17日、誘導ミサイル搭載の米駆逐艦「グレイヴリー」が地中海東部で「ロシアの巡視船「ヤロスラフ賢公」左舷60〜70メートルという危険な距離に接近し、巡視船の進路を船主から 180メートルの距離で横断した」と発表した。

ロシア側によれば、ロシア船は国際水域を定常ルートで一定の速度で進んでおり、米国船に対しいかなる危険な動きもとっていない、という。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала