ギリシャの石油会社社長の遺体が自宅で発見される

3日、ギリシャの石油会社Mamidoil-Jetoil Greek Petroleumのキリアコス・マミダキス社長の遺体が自宅で発見された。

通信社ブルームバーグによると、社長の遺体はアテネの北部郊外にある自宅で発見された。遺体の横には拳銃があったという。

警察関係者によると、現在のところ社長は自殺したとみられている。

マミダキス社長の会社Mamidoil-Jetoil Greek Petroleumは、同社のサイトで「ギリシャ最大の民間企業」と謳っていたが、債務の支払いができなくなったためギリシャ政府に倒産保護を求めていた。同要請は、2016年11月1日に検討される予定だった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала