「処女懐妊」の結果、サメが3匹の子ども産む

オーストラリアの町タウンズビルの水族館にいるトラフザメが、数年間オスと一切接触せずに3匹の子どもを産んだ。デイリーメールが伝えた。

サメは41個の卵を産み、その中から3匹のメスの子どもが孵った。「処女懐妊」という現象自体がサメの間で見られるのは非常に稀だ。しかし、今回のものが初めて観測されたケースではない。

単為生殖とは、受精せずに卵子から体組織が育っていくことで、これは他の2種のサメの間でも見られる。メスのサメは前回の交尾の後、精子を保存することができるのだろうと学者は当初仮定していたが、しかし性的コンタクトなしに数匹のサメが妊娠した。その時、サメは男性の染色体を使用せずに子どもを育むことができるということを、海洋生物学者は明らかにした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала