マッシと父親に脱税で禁固21ヶ月の判決

© AFP 2022 / Gerard Julienメッシ
メッシ - Sputnik 日本
裁判所は、スペインのサッカークラブ「バルセロナ」のフォワード、リオネル・メッシ選手に脱税で200万ユーロの罰金、メッシ選手の父親には150万ユーロの罰金の判決を言い渡した。ロイター通信が伝えた。

先に伝えられた情報によると、2013年にメッシ選手とその父親のホルヘ・メッシ氏の410万ユーロ脱税容疑が指摘された後、2人はウルグアイの弁護士事務所を介してパナマにオフショア企業メガスター・エンタープライゼズを設立し、肖像権収入に関する情報を隠し続けたという。

12月、裁判所は2012年と2013年の親善試合に対するメッシ氏の脱税疑惑の告発を取り消し、バルセロナ検察はメッシ氏の財政を管理する父親のみが有罪だと考えた。

6日、裁判所は、脱税に関する3つのエピソードでメッシ選手と父親を有罪とし、2人に禁錮21ヶ月の判決を言い渡した。

裁判官によると、2人は最高裁に上告できるという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала