ロシア連邦捜査委員会: オランダがマレー機17便撃墜事件に関する情報を共有しない

© AP Photo / Dmitry Lovetskyマレー機17便撃墜事件
マレー機17便撃墜事件 - Sputnik 日本
オランダが、ウクライナ上空で発生したマレーシア航空機撃墜事件に関する情報を共有しない。 ロシア連邦捜査委員会のマルキン報道官が伝えた。

Обломки авиалайнера Boeing-777 в районе Шахтерска - Sputnik 日本
英マスコミ:マレーシア航空のボーイングはウクライナの戦闘機によって撃墜された可能性がある
マルキン報道官は、次のように語った‐

「航空機事故に関する情報伝達は、現時点で調査委員会によってただ一方的に行なわれている。オランダ側は、ロシアの同僚と情報を共有せずに、情報の双方交換が調査過程を何倍にも早めると思われるにもかかわらず、自分たちでそれを握っている。」

マレーシア航空MH17便(ボーイング777型機)は、2014年7月17日にウクライナ東部ドネツク州で墜落した。ウクライナは墜落について、ドンバス(ウクライナ東部・南部)の義勇軍に責任があるとして非難したが、義勇軍側は非難を否定した。

数日後、米国は、ボーイングが義勇軍の兵士たちによって撃墜されたことを物語る証拠を持っていると発表したが、未だにいかなる情報も提示していない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала