IMF、OPEC市場シェア35%に削減で2020年には1バレル75ドルに

© REUTERS / Kim Kyung-HoonVisitors are silhouetted against the logo of the International Monetary Fund at the main venue for the IMF and World Bank annual meeting in Tokyo in this October 10, 2012 file photo.
Visitors are silhouetted against the logo of the International Monetary Fund at the main venue for the IMF and World Bank annual meeting in Tokyo in this October 10, 2012 file photo. - Sputnik 日本
OPECが原油採掘量を日量わずか700万バレル縮小するだけで原油価格は2020年までに1バレル75ドルに達しうる。これによって市場シェアも現在の42%から35%にまで下がる。OPEC用のこうしたシナリオをIMFが提案した。

供給途絶で世界の原油が5年ぶりの高値に - Sputnik 日本
供給途絶で世界の原油が5年ぶりの高値に
IMFは2014年からのOPECの戦略を分析した結果、市場シェアを維持し、シェールオイル生産者を追い出そうと躍起になっても市場バランスには到達できないとの結論に至った。

IMF専門家らはOPECにとって最も害の少ない手段は採掘削減との見方を示している。

OPECが市場シェアの維持を描くシナリオでは原油価格は2020年までには1バレル58ドルになる見込み。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала