ロシア軍事機器輸出、受注ポートフォリオは500億ドルを超過

© AFP 2022 / KIRILL KUDRYAVTSEVS-400 Triumf
S-400 Triumf - Sputnik 日本
ロシアの2016年現時点の武器輸出額は46億ドル。プーチン大統領はロシア連邦と外国との軍事技術協力問題に関する委員会の会議で、受注のポートフォリオはかるく500億ドルを超えることを明らかにした。

リビア軍のハリフ・ハフタル総司令官 - Sputnik 日本
ロシアとリビア、武器供給を議論
ロシアでは7月1日、ロシア連邦と外国の軍事協力に関する連邦法が発効。これにより多くの企業に独自に輸出契約を行う権利が付与された。

軍事機器部門は法改正を歓迎。これによりビジネスの多極化を図ることが可能となり、機器サービスや部材供給のニッチでより活発な活動が許される。専門家らはこの法律で他国との合弁企業の設立に拍車がかかる可能性も否定していない。

2011年から2015年、武器輸出をリードしたのは米国、ロシア、中国、仏、独。ストックホルム国際平和研究所が2月に出したレポートではこれら5か国が世界の武器輸出に占める割合は74%。

ロシア製武器の購買が最も多いのはインド。武器輸出の39%が対インド。これに中国、ベトナムが11%の購買シェアで続く。

先に伝えられたところによると、ロシアでは弾薬として使用できるドローンの改良版が開発されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала