ケンタウルス座に3つの太陽を持つ変わった惑星が見つかる

ケンタウルス座に3つの太陽を持つ特殊な系外惑星が見つかった。科学誌サイエンスで発表された。

「ひとみ」 - Sputnik 日本
失われた日本の衛星の、通信が途絶える前のデータ、掲載 (写真、動画)
地球から320光年離れたHD 131399Abは木星の4倍の質量をもつ巨大ガス惑星。

惑星は太陽よりも80%大きい、3つ星の中で最も明るい恒星を中心に回転し、他の2つの恒星は互いの周りを急速に回転している。

この惑星からは季節によっては3つの太陽を同時に見ることができる。

「3つ星の日の出と日没を見ることも、それぞれの星の日の出と日没を見ることもできる」と共同発見者ダニエル・アパイ氏(アリゾナ大学)。
惑星はチリのVLT望遠鏡で発見された。

先にNASAの学者たちは、その昔、火星の大気には「たくさんの酸素」が含まれていたと伝えた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала