あれから10年マテラッツィ 「ジダン頭突き事件」を振り返る

© AFP 2022 / Deskあれから10年マテラッツィ 「ジダン頭突き事件」を振り返る
あれから10年マテラッツィ 「ジダン頭突き事件」を振り返る - Sputnik 日本
サッカーのイタリア代表チームの元ディフェンダーで、2006年のWカップに出場したマルコ・マテラッツィ氏は「ベルリンでの決勝戦で、フランスのジネディーヌ・ジダン氏が自分の胸に頭突きをくらわしたこと」を認めた。

2006年7月9日に行われたドイツ・ワールドカップ(W杯)決勝のフランス対イタリア戦で、ジダン選手とマテラッツィ選手の間で、言葉をめぐる諍いが起きた。その際ジダン選手は、マテラッツィ選手に頭突きをくらわせ、退場処分を受けた。

フランスの新聞L'Equipe(レキップ)の質問に対し、マテラッツィ氏は「実際、ばかげたことを口にしたが、あれほどの反応を引き起こすほどのものではかなった。ローマやナポリ、トリノあるいはパリの街角では、ああした表現をよく耳にするし、もっと強烈なものも聞こえる。私の言ったことは、彼の姉妹に関するもので,報道されたような彼の母親に対するものでは断じてなかった。私自身はずっと前(15歳の頃)に母を亡くしているからだ。」

© AP Photo / Remy de la Mauviniere2006年ワールドカップ決勝でマルコ・マテラッツィの胸に頭を打ちつけたサッカー選手ジネディーヌ・ジダン像
2006年ワールドカップ決勝でマルコ・マテラッツィの胸に頭を打ちつけたサッカー選手ジネディーヌ・ジダン像 - Sputnik 日本
2006年ワールドカップ決勝でマルコ・マテラッツィの胸に頭を打ちつけたサッカー選手ジネディーヌ・ジダン像

サッカー関連の大ニュースをもうひとつ付け加えよう。先日アルゼンチンのメッシ選手は父親と共に、脱税の罪で、禁固21カ月の判決を受けた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала