iPhoneユーザーの50パーセントがiPhone7のリリース後すぐに購入する意向

© 写真 : PixabayIphone
Iphone - Sputnik 日本
Insurance2Go社が、iPhone所有者1000人を対象に実施した調査の結果、iPhone所有者の50パーセントが9月のiPhone 7の発表後に、同機種を購入する意向であることが分かった。ValueWalkが伝えた。

iPhoneユーザーの50パーセントがiPhoneの新機種iPhone 7を購入する意向。なおユーザーの27パーセントは、秋に別のメーカーの新たなスマートフォンを購入する意向で、うち19パーセントはサムソンの端末、8パーセントは別のブランドのスマートフォンに変える計画だという。

残りの23パーセントのユーザーは、現在所有するスマートフォンに満足しているため、少なくとも今年購入する予定はないと主張している。その主な理由は、iPhone 7の価格が十分に高いことだ。

先に伝えられたとろによると、ロシアでは音声アシスタント「Siri(シリ)」のライバルとなるソフトが開発された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала