日本のホタル人間がネットを驚かす

© 写真 : @Youtube日本のホタル人間がネットを驚かす
日本のホタル人間がネットを驚かす - Sputnik 日本
広告には2種ある。日本のそれと、それ以外だ。日本の広告が独創性と意外性で感動を呼んでいる。

株式会社ドリルが作成したOcedel Lighting社の発光ダイオードランプの広告「Firefly Man」などがその好例だ。

貧しくて家族のために光熱費を払えない男が失踪、5年後にホタル人間になって帰ってくる。日本語による動画は感動的な場面に満ちているが、結末は明かさないでおこう。

世界的な人気を誇るこの広告ビデオは、既にいくつかの賞を受けている。

先に伝えられたところによると、ロシアの広告代理店がセックスのテーマの搾取を止めるよう呼びかけられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала