イラン、制裁前に占めていた石油市場80%を取り戻す

© Flickr / Carsten ten Brink石油
石油 - Sputnik 日本
イランはすでに現在、2012年に発動された制裁前まで占めていた規模と同様の、石油市場の80%をコントロールしている。イラン国営石油会社(NIOC)の国際事業担当責任者モフセン・カムサリ氏は、ブルームバーグのインタビューでそう述べた。

石油 - Sputnik 日本
米国、社会に秘密で原油の抽出を許可していた
しかし、カムサリ氏によると、価格についてはまた別の話だという。

「市場は現在の均衡を維持しており、すくなくとも今年中に1バレル=30ドル以下の価格に戻る可能性は低い」とカムサリ氏は述べた。

現在イランは石油を一日 で、380万バレル生産し、およそ200万バレル輸出している。カムサリ氏によると、将来、イランの石油輸出量はピーク時で一日400万バレルを超えるだろうとしている。

イランは2021年までには石油とコンデンセート生産を一日580万バレルに引き上げる意向だと、ブルームバーグが報じた。懐疑主義者の疑いにもかかわらず、イランへの国際的な制裁の大多数が解除された2016年1月から比べ、石油生産量は25%も跳ね上がっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала