原油価格 イラクからの供給に対する懸念から値上がり

© REUTERS / Essam Al-Sudani原油価格 イラクからの供給に対する懸念から値上がり
原油価格 イラクからの供給に対する懸念から値上がり - Sputnik 日本
火曜日、原油の世界価格が、イランからの原油供給が止まるのではないかとの投資家達の懸念を背景に、わずかに上昇した。取引データがそれを裏付けている。

石油 - Sputnik 日本
米国、社会に秘密で原油の抽出を許可していた
モスクワ時間07時44分の段階で、北海ブレント原油の9月の先物取引価格は0,19%上がり、1バレル=46,34ドルとなった。またWTI(米国産標準油種)の8月の先物取引価格は0,13%上がり、1バレル= 44,82ドルとなった。

日曜日、ロイター通信によれば、イラクは、同国南部バスラの2つのターミナルで、パイプライン漏れにより原油の積み出しを一時中止した。

なお投資家達は、長期的な見通しにおいては、原油価格はさらに下がるものと見ている。

先に伝えられたところによると、OPEC(石油輸出国機構)加盟国の2016年6月の産油量が、日量30万バレル増加して日量3273万バレルとなり、2008年8月以来最高に達した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала