赤の広場の聖ヴァシリー寺院

モスクワの、はたまたロシアのシンボルとして有名な赤の広場の聖ヴァシリー寺院。今から455年前の1561年7月12日に創建された。正式な名称は聖生神女ポクロフ寺院。ユネスコの世界文化遺産にも登録されている。
© Sputnik / A.Cheprunovカザン汗国を戦いで手中に収めたことを記念し、1555年から1560年にかけて建築家バルマとポスチニクによって建造。現在は歴史博物館の分館と。
カザン汗国を戦いで手中に収めたことを記念し、1555年から1560年にかけて建築家バルマとポスチニクによって建造。現在は歴史博物館の分館と。 - Sputnik 日本
1/12
カザン汗国を戦いで手中に収めたことを記念し、1555年から1560年にかけて建築家バルマとポスチニクによって建造。現在は歴史博物館の分館と。
© Sputnik / Kislovskyイオアン・ミラスチーヴィ寺院のイコノスタス(障壁)の一部
イオアン・ミラスチーヴィ寺院のイコノスタス(障壁)の一部 - Sputnik 日本
2/12
イオアン・ミラスチーヴィ寺院のイコノスタス(障壁)の一部
© Sputnik / Sergey Guneev高みから見た赤の広場
高みから見た赤の広場 - Sputnik 日本
3/12
高みから見た赤の広場
© Sputnik / Sergey Pyatakov寺院内には「ポクロフ寺院」博物館がある
寺院内には「ポクロフ寺院」博物館がある - Sputnik 日本
4/12
寺院内には「ポクロフ寺院」博物館がある
© Sputnik / Kirill Kallinikov寺院を背景に一休み
寺院を背景に一休み - Sputnik 日本
5/12
寺院を背景に一休み
© Sputnik / V. Shiyanovskiy聖ヴァシリー寺院とクレムリンのスパスカヤ塔
聖ヴァシリー寺院とクレムリンのスパスカヤ塔 - Sputnik 日本
6/12
聖ヴァシリー寺院とクレムリンのスパスカヤ塔
© Sputnik / Vladimir Sergeevモスクワの赤の広場はいつも町の人や観光客でにぎわっている
モスクワの赤の広場はいつも町の人や観光客でにぎわっている - Sputnik 日本
7/12
モスクワの赤の広場はいつも町の人や観光客でにぎわっている
© Sputnik / Vladimir Vyatkin寺院は戦勝を記念。寺院は複数の教会をひとつにまとめたつくり。そのほとんどがカザン汗国制覇を記念している
寺院は戦勝を記念。寺院は複数の教会をひとつにまとめたつくり。そのほとんどがカザン汗国制覇を記念している - Sputnik 日本
8/12
寺院は戦勝を記念。寺院は複数の教会をひとつにまとめたつくり。そのほとんどがカザン汗国制覇を記念している
© Sputnik / V. Zakharov寺院の南側の翼とホテル「ロシア」
寺院の南側の翼とホテル「ロシア」 - Sputnik 日本
9/12
寺院の南側の翼とホテル「ロシア」
© Sputnik / Vitaliy Karpov寺院の修復
寺院の修復 - Sputnik 日本
10/12
寺院の修復
© Sputnik / Vladimir Vyatkin寺院内部
寺院内部 - Sputnik 日本
11/12
寺院内部
© Sputnik / Maksim Blinov新年を祝い赤の広場で花火が打ち上げられる
新年を祝い赤の広場で花火が打ち上げられる - Sputnik 日本
12/12
新年を祝い赤の広場で花火が打ち上げられる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала