ロボットアポカリプシスは人類の脅威となるか?

© Flickr / jbraineロボット
ロボット - Sputnik 日本
日本政府のプランによると、2020年の東京オリンピックまでに、日本では生活の多種多様な領域でロボットを活用するという革命が起こされる。この目的には2兆4000億円の予算が割かれた。

ロボット - Sputnik 日本
学者らが警告、青少年の初セックス相手がロボットになる恐れ
ホンダ社は自動制御車用の人工知能を開発することを目的とした研究センターを建設中だ。また農業施設用には20種ものロボットが作られる。このほかにも法務省の支援を受けて犯罪者矯正施設ではロボットのPepperが働くことになる。このアンドロイド、ペッパーは「人と付き合うことができる最良のコンパニオン」の一つだといわれている。ロボット工学者として有名な大阪大学の石黒浩教授は人間の行動をコピーするインタラクティブロボット開発に近づくことに成功した。石黒教授のロボットは劇場で演じ、討論し、講義までするという。

ロボット工学がどのように新たな分野で利用されているかについては、ほぼ毎週のように多様な国から情報が入ってくる。パーソナルアシストロボットは病気やハンディキャップを有する人のリハビリのため、すでに広く利用されている。産業ロボットも大量に存在する。さらに、ドローン(スマート無人航空機)やスマート3Dプリンターなどもある。ロボットは作詩作曲や、絵を描くこと、ツアーガイドを行うことを学習した。ロボット掃除機や、ロボット芝刈り機にはもう誰も驚かない。そして人をルーティーン作業から解放するアシストロボットは毎年増える一方だ。このように急速なテンポで発展するロボット工学同様に勢いよく伸びているのが多くの国で開発されている戦闘ロボットだ。戦闘ロボットを使った軍には敵を生身の力ではなく知能の力で倒すことが可能となる。

ロボット - Sputnik 日本
EU、ロボットに税金支払いを義務付ける
組み立て工程に人がいないフルオートメーション工場は今すでに、現実のものとなった。ロボットは1時間稼動させたり、もしくは何日も電源を切らなくてもよい。ロボットには遅く、もしくは早く作業するよう命令でき、工場長は生産量を増減することができる。しかも最低限の損失で。つまり、残業代も、医療保険も、社会保障税も払う必要がなく、労働組合と交渉する必要などもないのだ。言い換えると、これは競争力を急上昇させる。手作業がロボットによって代替できるような全ての生産分野から、労働者は次第に去っていくだろう。
大多数の人はロボット化が進むことにより通常の雇用が減少するのではと危惧しているが、モスクワにあるイノベーションセンター「スコルコヴォ」のゴル・ナハペチャン顧問は問題は別のところにあるとして、次のように述べている。

「ロボットが身につけることができる多くの職がある。ロボットが人間の代わりにこの職につくと、人間には何かを創造する可能性が与えられる。ロボットが代わりにつくこれらの職はほぼすべての退屈な作業で高い技能は要求されないが、正確さと忍耐力が必要という仕事だ。他には、もちろん、危険な条件での仕事も含まれる。たとえば、遠い宇宙に人間を送ることは、もしロボットが代わりになれるなら、命を危険にさらしてまでする必要はない。

問題は別のところにある。たとえば、こんな例だが、もしあなたの冷蔵庫がオンラインモードであなたがどのような食材を使っているかという情報を送り、ロボットシェフがあなたにご飯を作るならば、あなたの食の好みについての情報は巨大企業の巨大サーバーに送られることになる。そして、この情報を集め分析する人が現れるだろう。。。つまり、人の私生活はプライベートなものではなくなるのだ」

日本農業、ロボットの力でTPP時代を生き残る - Sputnik 日本
日本農業、ロボットの力でTPP時代を生き残る
ロシアの物理未来学者のアレクセイ・トゥルチン氏はこれとはまた別の性格のリスクを考慮することが不可欠だとして、次のように述べている。

「誰かが考えているよりも、実際にはリスクは近くにある。

すでにニューラルネットワークや自動運転車が現れている。そして、倫理的な問題も起こっている。もし無人自動車の前に突如として、ある道にはおばあさんと子どもが、もう一つの道には5人の人間がいる、といった障害が現れたならば、無人自動車はどうするか?プログラムとしての人工知能は短期間で人間の能力を超える可能性がある。その先は人間を根絶する、もしくは人間を『間違った方法で庇護する』危険性がある。これはいわゆる『ペーパークリップ・マキシマイザー』という筋書きで狂ってしまった自動機械はペーパークリップの他には何も興味を持たず、あらゆるものからクリップの山を作るというものだ。

また、自己複製する能力を持つナノロボットも危険な可能性がある。これはすでに医療分野の話で、そのナノロボットは機械と生きた細胞の中間的な存在といえる。アメリカの学者エリック・ドレクスラー氏は、プログラムが止まらなくなり、ウイルスのように、出合ったもの全てを自らの構成要素に分解し、その構成要素から自らのコピーを作り続けるという危機のシナリオを描写した。人体や生物圏など、すべてはナノロボットにとっては構成材として使えてしまう。別の想定では誰かが軍事目的で敵のところへナノロボットを投げ込んだとすると、ナノボロットは増殖し始め、それは制御不能となるだろう。」

これは黙示録的な構図だ。しかし、トゥルチン氏によると、今日の時点ではナノロボットや人工知能よりも、核と生物兵器のリスクのほうがまだ圧倒的に現実的だという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала