ペルシャ湾で太古の人間の住居発見(写真)

© Wikipediaイラン領ゲシュム島
イラン領ゲシュム島 - Sputnik 日本
イラン領ゲシュム島での考古学的発掘の最中に、中期石器時代の石の武器が発見された。

人間の手で丁寧に加工された、岩からできた武器を考古学者は発見した。道具は様々な岩石から作られていた。刃物はフリントという石と火成岩から作られていた。石器は中期石器時代のものと見られる。

これまでの結論は、採掘場所は、原始的な武器を作るための太古の工房だったとの仮説を支持している。

ゲシュム島での調査は2005年に始まり、すぐに島はイランの国家遺産のリストに入った。

他の興味深い考古学的発見として、カンボジアの密林の中の千年前の古代都市を発見したという記事を私たちのサイトで読むこともできます

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала