大雨で避難勧告 熊本・山口・長崎・福岡 地元当局

大雨が続く熊本・山口・長崎・福岡4県の9万5千人に、地元当局は、避難勧告を出した。

日本沖でマグニチュード5.2の地震 - Sputnik 日本
日本沖でマグニチュード5.2の地震
長崎県の対馬では、48時間で300ミリもの降水量が記録されている。また熊本県では、土砂崩れの危険があるため、5万5千人の避難が発表された。

さらに本州南西部の山口県では、一連の河川の水位が危機的なレベルにまで達した。

気象専門家らは、これから数日、九州では、250ミリもの雨が降るとし、熊本、大分、福岡各県、そして本州の山口県では、土砂崩れや浸水の恐れがあると警告している。

先に報じられたところによると、大津地裁は、高浜原発3号機と4号機の運転差し止めを命じた仮処分決定について、関西電力の異議申し立てを却下した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала