韓国領のTHAADミサイル、日本のイージス艦と合同の可能性

© 写真 : U.S. Army Corps of Engineers Europe Districtイージス・システム
イージス・システム - Sputnik 日本
2017年に韓国に配置予定のTHAADは現在の性能ではロシアの安全保障の脅威にはならないが、将来的に近代化され、米国のグローバルミサイル防衛システムに組み込まれるだろう。

THAAD配置に星州郡の住民数千人が抗議 - Sputnik 日本
THAAD配置に星州郡の住民数千人が抗議
地政学問題アカデミー所長をつとめるレオニード・イワショフ陸軍大将は水曜日、スプートニクに次のように述べた。

韓国に展開されているTHAADシステムは、アジア地域に作られたアメリカの防空、ミサイル防衛システムの一要素に過ぎないということを、覚えておく必要がある。さらに、THAADはイージス艦のように発展段階にあり、THAADの性能はこの10年間で向上するだろう。」

また、イワショフ所長は「また現在、東南アジアにはおよそ10艦のイージス艦があり、それらは日本で展開されている指示のもと1つになって動いている。そしてそのシステムにTHAADも組み込まれる可能性がある」と強調した。

イワショフ所長によると、ロシアはこの傾向から目を放すべきではないという。

イワショフ所長は「モスクワは政治的外交的チャンネルを通じて、ロシアの国境全てを米国のミサイル防衛システムが囲んでいることに対する不満を強調しなければならない。実際は、アメリカが目的として設定したことは、将来的に、アジア地域に配置されているロシアの潜水艦にある弾道ミサイルを迎撃することだ。」と述べた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала