ハルマゲドンになったら我々はどこへ逃げることができるか?

米国の宇宙物理学者グループは、生命が誕生しそれを維持するために最も適した星の名を発表した。それは、サイトarXiv.orgに公表されたプレプリントの中で述べられている。

火星 - Sputnik 日本
学者グループ 火星で発見された「メッセージ」を解読
学者達によれば、最も有望なのは、太陽のような後期スペクトルGクラスから、Kクラスの発展サイクルの中間(太陽より大きく比較的低温の星)までのインターバルにある星の周辺である。

学者達の研究は、宇宙の様々な星の分布頻度、恒星近くの潜在的に居住可能なゾーンの位置や規模、そのX線や磁気放射の程度、恒星の物理的特徴、さらにはスーパーフレアの発生頻度などを考慮したデータに則ったものだ。

先に報じられたところによると、NASAの木星探査機ジュノーは、木星から初の写真を送信してきた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала