国際格付け機関「英国のEU離脱で最も痛手を被る国はどこ?」

© AFP 2022 / Emmanuel Dunand国際格付け機関「ムーディーズ(Moody`s)」
国際格付け機関「ムーディーズ(Moody`s)」 - Sputnik 日本
国際格付け機関Moody's Investors Serviceの専門家達は、英国のEU離脱により、かなりの痛手を被る可能性のある国として、アイルランド、ベルギー、スペインそしてキプロスを挙げた。

Brexit - Sputnik 日本
英国民EU離脱を選択:Brexit支持派 国民投票で勝利
Moody's の専門家達は、次のように分析している —

「EUの大部分の加盟国にとって、輸出市場や観光相手、投資元としての英国のEU離脱の影響は、限定的である。しかし、そのコンテキストにおいて、最も脆弱なのがアイルランドだ。その他、英国との貿易関係が深いベルギー、多くの観光収入を得ているスペインやキプロスが、まず痛手を被るだろう。」

23日、英国でEU離脱の是非を問う国民投票が実施された。

24日に発表された公式情報によると、英国民の51.9パーセントがEU離脱を支持した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала