学者:わずかな余分な体重でさえ寿命縮める可能性

© Fotolia / Andrey Popov学者:わずかな余分な体重でさえ寿命縮める可能性
学者:わずかな余分な体重でさえ寿命縮める可能性 - Sputnik 日本
ケンブリッジ大学とハーバード大学の研究者が、わずかな余分な体重でさえ、寿命を縮める可能性があると特定した。

余分な体重が寿命に与える影響を明らかにするために、全世界で行われた239もの様々な研究が利用され、アジア、豪州、ニュージランド、欧州、北米に住んでいる、一度も喫煙しておらず慢性病を持っていない人、約400万人を比較した。研究の際は、死因、年齢、調整された男女別のリスク比といったデータが考慮された。

研究の結果、法則が発見された。その法則とは、肥満を含む、より多くの余分な体重を持っていた人は、より早く死んだというものだ。また、余分な体重は女性によりも男性に、よりネガティブな影響を与えると明らかになったが、この理由はまだ明らかになっていない。

寿命と余分な体重の関係は、調査された全ての領域で記録された。

先に伝えることによると、米国ミズーリ州で360kgのアンチ肥満オンライン活動家ラリー・エヴァンス氏が死亡した

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала