日本 制裁条件下におけるロシアのプロジェクトへの融資問題を討議

東京を実務訪問中のロシアのアレクセイ・ウリュカエフ経済発展相は、麻生副総理兼財務相と会談し、制裁条件下におけるロシアのプロジェクトへの日本の銀行の融資の可能性について討議した。

米紙「日本 ロシアとの友好路線をとる」 - Sputnik 日本
ロシア経済発展相 プーチン大統領の日本訪問の可能性についてコメント
ウリュカエフ経済発展相は、記者団に次のように述べた-

「制裁の問題が話し合われた。と言ってもそれは間接的にだ。つまり、日本政府のあれやこれやの決定としてではなく、欧州や米国のパートナーが導入した制裁の条件下で、日本やロシアの企業がどう作業するかが話し合われた。それはまず第一に、融資に関するものである。

問題は、日本の銀行が、制裁リスクを憂慮して、現在、日本からのプラント輸出などを伴うプロジェクトへの融資を行っていないことにある。この事は、日本のビジネスにも、またロシアのビジネスにも損失を与えている。それで我々は、互恵的でかつ互いに合理的なレールの上に、そうした作業をいかにのせるかについて、意見を交換した。」

先に伝えられたところによると、ロシアは、貿易取引に自国通貨を用いるよう日本に提案した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала