70億人目の地球人の母、死亡

ロシアのカリーニングラードで第3ステージの乳癌により70億人目の地球人の母エレーナ・ニコラエワ氏が息を引き取った。友人の言葉をスプートニクが伝えた。

「地域当局の助けで治療のためにモスクワに飛んだ。しかし最後に病状が悪化した。肺、脊椎、脳に転移した。いくつか手術を行い、腎臓が切除された。彼女はイスラエルでお金を集めたが、70億人目の地球人の母であるとして、愛国者としてモスクワを選んだ。医師らに特に苦情があるわけではなかった」と友人。

彼女は国連によって70億人目の地球人と認定されたペーチャ・ニコラエフ誕生後数ヶ月で出された診断にもかかわらず、楽観的な態度をとっていた。運転免許をとり、子どもたちを保育園から教会に運び、治療のために集めたお金は教会に寄付していた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала