米マスメディア「我われはロシアの原子力重巡洋艦に対抗できる戦艦を作ることができなかった」

© Sputnik / Vitaliy Ankovプロジェクト1144式巡洋艦の1つ「ピョートル・ヴェリキー」
プロジェクト1144式巡洋艦の1つ「ピョートル・ヴェリキー」 - Sputnik 日本
米国はロシアのプロジェクト1144「オルラン」重原子力ロケット巡洋艦に対抗できる戦艦を作ることができなかった。オルランは、一度に数個の機能を実行することが可能で、数10年はロシア海軍で勤務するだろう。米誌ナショナル・インタレストが報じた。

フォーブス:ロシアは黒海におけるNATOと米国の計画を壊した - Sputnik 日本
フォーブス:ロシアは黒海におけるNATOと米国の計画を壊した
オルランは、第1次、第2位次世界大戦時の戦艦と同程度の大きさだ。米国や他諸国は高コストと脆弱性のため、このようなサイズの戦艦を製造してこなかった。一方、ソ連時にいくつかの船の機能を併せ持つ大型巡洋艦製造決定が下されたと、同誌は報じる。

その結果、水上潜水艦や潜水艦と戦う準備があり、多目的空母群や潜水艦隊と戦う能力を有する戦艦が生まれた。

冷戦が終わり、ソ連が崩壊した後も、プロジェクト1144式巡洋艦の1つ「ピョートル・ヴェリキー」はロシア海軍で使われてきた。ピョートル・ヴェリキーは、ソマリア海の海賊に対する特殊作戦すら遂行してきた。

ピョートル・ヴェリキーは、2019年に修理と近代化を施される。その結果、2021年ロシア海軍には2つの近代化されたプロジェクト1144式重原子力ロケット巡洋艦が活躍する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала