ボリビアで直径1.5メートルの巨大な恐竜の足跡が見つかる 【写真】

© Fotolia / meisoneボリビアで直径1.5メートルの巨大な恐竜の足跡が見つかる(写真)
ボリビアで直径1.5メートルの巨大な恐竜の足跡が見つかる(写真) - Sputnik 日本
ボリビアで古生物学者のグループが、約8000万年前に生きていたと思われる肉食恐竜の巨大な足跡を発見した。

足跡の直径は1.5メートル。

​足跡が見つかったのはボリビア南部スクレ周辺。

専門家らは見つかった巨大な足跡について、これまでに発見された恐竜の足跡の中で最大である可能性があると指摘している。

なおこの足跡を残した恐竜の体高は12メートル以上だったと考えられるという。

先に伝えられたところによると、研究者らは、恐竜たちがどのような体位でセックスをしていたかについて、最終的な結論に達したことを発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала