登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

イタリアのファシズムは今も生きている?

© AFP 2021 / Tiziana Fabiイタリアのファシズムは今も生きている?
イタリアのファシズムは今も生きている? - Sputnik 日本
フォローする
1943年6月25日にイタリアの独裁者ムッソリーニが失脚してから73年たった現在、ファシズムの象徴的な政党「ファシズム・自由運動」のポスターは、パドヴァ州の都市ルバーノの街頭に自由にぶら下がっている。イタリア憲法第645条によると、ファシズムの弁明は犯罪であるにもかかわらずにだ。まさか結局、イタリアでファシズムは根絶されなかったのだろうか?

米新聞「米国人はファシズムに勝利したのは自分達だと考えている」 - Sputnik 日本
米新聞「米国人はファシズムに勝利したのは自分達だと考えている」
全国イタリア・パルチザン協会のパドヴァ支部会長フロリアナ・リツェット氏は、スプートニクのインタビューに次のように述べている。

「状況が許容できないことを認識しているルバーノ市長が私に伝えたところ、政党(ファシズム・自由運動)は、ポスターを含め彼らの行動は法を遵守していると断言している。しかし、法的観点から言えば彼らの行動はどうしても法的であるとは考えられない。だが、ファシズムが許容できないことだというイメージがぼやけてきているのは認めないといけない。
全国イタリアパルチザン協会にとって、アンチファシズムの価値観は変わらない。そして、右派政党だろうが左派政党だろうが、それは意味をもたない。誰もファシズムを支持してはいけないのだ。イタリアでは『ファシズム・自由運動』以外にも、卍と他のシンボルを掲げた同様の主義のグループや、ファシズムのための多くのサイトやフェイスブックのページがある。私の意見では、彼らを封鎖しないといけない。

我われは州政府に状況をコントロールする策をとるよう呼びかけます。戦っていきます」

先に伝えられたところによると、バルト三国の一つラトビアの一院制議会(サエイマ)のアレクサンドル・キルシテインス議員(「国民合同」選出)は、首都リガにナチス兵の記念碑を建立すべきだと提唱した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала